福島原発事故と左翼 単行本

福島原発事故と左翼 単行本(ソフトカバー)ー 2017/2/10

瀬戸弘幸 (著)

販売元:清林堂

商品の説明

内容紹介

左翼政治家や文化人、メディアが
原発事故を最大限に利用し、福島を貶めた!
福島在住の著者が震災以降見てきた
反日左翼による反原発運動の6年間とは!

〈目次〉
第1章 東日本大震災と原発事故
第2章 民主党が隠し続けた放射線量の数値
第3章 福島の放射線量と安全性
第4章 反原発漫画『美味しんぼ』の風評被害
第5章 政治家と反原発運動
第6章 原発再稼働と反撃の万願寺デモ
第7章 農業と風評加害者組織「脱原発テント」

瀬戸弘幸(せとひろゆき)プロフィール
昭和27年福島県生まれ。政治運動家、農業家。日本第一党最高顧問。日本農業助合機構福島支部代表。著者ブログ『せと弘幸BLOG「日本よ何処へ」』はライブドア政治系ブログで常に上位にランキングされている人気ブロガーである。著書に『有田芳生の研究』『現代のカリスマ、桜井誠』(小社刊)など。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です