国賊池田大作「創価学会」を斬る―ユダヤ悪魔教に日本を売る 単行本!

国賊池田大作「創価学会」を斬る―ユダヤ悪魔教に日本を売る 単行本 1993/10

太田 龍 (著)

商品の説明

内容(「MARC」データベースより)

池田創価学会はユダヤ悪魔教から、日蓮法華経信仰を壊滅すべき任務を与えられている。彼らが本当に信じるのは「悪魔」であり、日本民族はこの「黒魔術の力」に気づかねばならない。池田創価学会の謎をときあかす。

何かと胡散臭さがつきまとう創価学会という存在。いくら耳障りの良い言葉を聞かされても、その胡散臭い印象は弱るばかりか、ますます猛毒が中心部分から噴出してくるかのような不快感をぬぐえない。一体その原因は?太田龍氏はその要点をズバリ指摘する。創価学会=パリサイユダヤ悪魔教、と。

パリサイユダヤ、つまりサタニズム悪魔教は16世紀、日本征服を試みる。悪魔教イエズス会はキリスト教の仮面を被って信者を増やし、火薬を売りつけて戦国時代を起こし、大名が火薬の支払に窮すると若い女性50万人を奴隷として求め、ヨーロッパやアフリカに売り飛ばす。戦に弱い織田信長をそそのかし、武田信玄、上杉謙信を相次いで毒殺。豊臣秀吉も毒殺。信長が言うことを聞かなくなると、本能寺の変で暗殺。幸い、時の為政者の賢明な判断で、悪魔教イエズス会は撃退された。

しかし、悪魔教はあきらめない。現代においては創価学会に取り憑いて蘇る。戸田二代会長を暗殺して創価学会を乗っ取り、日蓮正宗法主細井日達上人を暗殺して、日蓮正宗抹殺を図る。悪魔教創価学会の映画を作ろうとした伊丹十三監督も、自殺を装って暗殺。創価学会公明党の不正を追及していた東村山市議会議員朝木明代氏も同じく自殺を装ってビルの6階から突き落として暗殺。創価学会は現代日本における悪魔教の地位を不動のものとした。

聖教新聞に頻繁に登場する「人間主義」の言葉は何を意味するか?これについても太田龍氏はその本質を喝破する。人間主義(ヒューマニズム)=悪魔教。創価学会員は何のことかサッパリわからない。一般国民も分からない。しかし、本書にはちゃんと説明が出ている。

本書は創価学会の本質を炙り出した、全国民必読の書。特に創価学会員と、日蓮正宗法華講の関係者には是非共読んでもらいたい。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です