パチンコ『娯楽』ではありません『賭博』です!2011年版

止めよう!!違法賭博

パチンコは、日本を憎み敵視する朝鮮人が90%を支配する亡国産業です。

●違法換金システムを取り締まれ!
出玉を直接お金に換えることは法律で禁止されています。そこで一度景品を渡し、それをお金で引き取るという、見え見えの換金システムで法の網を潜っています。

●警察、国会議員、マスコミが放置・容認
警察は全遊協など業界団体に天下り、国会議員は政治献金、マスコミは広告料など便宜供与で籠絡され、汚い金にまみれ、弱みを握られています。事実このパチンコマネーが菅首相へ献金されていたことが明らかとなりました。そして恐ろしいことに民主党政権は憲法違反の外国人参政権付与に異常な熱意を燃やしているのです。

●韓国・台湾は『亡国賭博』として全廃
日本ではその実体をごまかすように『健全遊戯』と称していますが、韓国では売上高約3兆円、店舗数約1万5.000店の産業を2006年秋に、そして台湾でも国を滅ぼしかねない『亡国賭博』として全廃しています。異常な射幸心を煽り、依存症
中毒から国家を転覆させかねない危険な賭博と認識したからに外なりません。わが国でも、その実体を見通した芦屋市などは一軒のパチンコ店の開業も許していません。

●21兆円産業、脱税のチャンピオン
日本生産性本部「レジャー白書2010」によると、2009年のパチンコの参加人口は1.720万人で、市場規模は21兆650億円と言われています。あのユニクロの売り上げが8.000億円、トヨタでも40兆円といわれる中、パチンコ大手のマルハンは1社で2兆円にものぼり、経営者は日本民族ではありません。そしてパチンコ業界は日本一脱税の多い業界と言われています。こうして浮かせたお金は、かつて日本を狙うミサイルや核の開発の資金として金正日に貢がれたと言われています。

●43万世帯分の電力を浪費
東電・福島原発に続き中部電力・浜岡原発の停止も決まり、今後全国で節電が避けられない中、パチンコ店は1日当り415万キロワット、一般家庭43万世帯分の電気を消費し続けていると言われています。
石原東京都知事がこのような不要不急の産業に多量の電力を消費することに警告を発していますが、自粛は形だけ、買収されたマスコミは意識してこの発言をとり上げません。

●悲惨な事件・犯罪の温床
パチンコは麻薬のような依存症になります。
その中毒から抜け出せず、借金を繰り返し、
生業を放棄、破産、一家離散、自殺など
日本社会を土台から蝕んでいます。
また夢中になるあまり幼児を炎天下
の車に置き去りにする事故、サラ
金の返済を迫られ強盗・殺人
の犯罪に奔るなど悲惨な事件
や犯罪が後を断ちません。

『在日特権を許さない市民の会』

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です