ニセ本尊

ニセ本尊

これが学会が勝手に製造・販売している「ニセ本尊」。日蓮正宗の御本尊は一体一体、表具師が表装しているが、このニセ本尊は、カレンダー等と同じく表装なしの「一枚刷り」になっている。

「ただ、大御本尊だけは、われわれは作るわけにはゆかない。日蓮大聖人様のお悟り、唯授一人、代々の法主猊下以外にはどうしようもない。だから、佛立宗や身延のヤツラが書いた本尊なんていうものはね、ぜんぜん力がない。ニセですから。力がぜんぜんない。むしろ、魔性が入っている。魔性の力が入っている」
(『大白蓮華』昭和34年7月号9頁・戸田城聖)

平成3年11月に日蓮正宗より破門され、総本山より御本尊の御下付をいただけなくなった創価学会は、平成5年9月、あろうことか「ニセ本尊」の製造・配布の実施を聖教新聞紙上で発表し、その後、大々的に御本尊の交換を進めました。
戸田城聖氏の言う「代々の法主猊下以外にはどうしようもない」はずの御本尊を、御法主上人猊下の許しもなく勝手に改竄(かいざん)し、我がモノ顔で会員に配布したことは、まぎれもなく「本門戒壇の大御本尊との決別」「身延日蓮宗以下の邪教化」を意味するものです。この時点で創価学会は、越えてはならない一線を越えてしまいました。
例えば一万円札の偽造紙幣も、それが本物に近ければ近いほど、本物と見分けがつきにくい精巧なものであるほど、社会を混乱させる力が強く、その罪は重くなります。ましてや、それが信仰の対象たる本尊であれば、その大謗法の重罪は想像を絶するものです。
また偽札は、どれほど良くできた精巧なものであっても、日本国家の許可なく造られた犯罪物そのものであり、それが正規の紙幣として効力を発揮することはありません。学会製のニセ本尊も、御法主上人猊下の許可・允可(いんか)なく偽造されたものであり、それを拝んで功徳(くどく)・利益(りやく)があるどころか、逆にその魔性によって堕地獄は必定(ひつじょう)です。
また何よりも、学会に回収された本物の御本尊は、まとめて御不敬され、一体として宗門に返納されていません。日本中で、数百万体の本物の御本尊が大量に御不敬され、同時に、数百万体ものニセ本尊が流布したのですから、日本はまさに大謗法の国土となってしまい、その現罰で、地震・噴火・大不況・凶悪犯罪の多発といった災厄が国中を覆うことになるのです。
御本尊の右肩に、「若(も)し悩乱する者は頭(こうべ)破れて七分となる」とあるとおり、大切な御本尊を手放して御不敬され、替わって悪鬼魔神のニセ本尊を祀(まつ)っているような人は、頭破七分・堕地獄(だじごく)は疑いないのであります。
学会破門以後に創価学会に入会した人、また、本来は日蓮正宗の御本尊を護持(ごじ)していたにもかかわらず、無理やり学会製ニセ本尊に交換させられてしまった人など、多くの学会員がこの「魔性の札(ふだ)」を押しつけられてしまっています。多くの人々が、このような恐ろしい魔札によって、例外なく抜けようのない堕地獄の不幸の淵(ふち)に沈んでしまうのです。
この第四項では、学会製ニセ本尊がいかなる理由によりニセ本尊であるのか、その詳細をあらためて明示し、一人でも多くの学会員がその恐ろしさに気づいてくれることを強く願うものです。

ニセ本尊の改ざん箇所 下の画像は、右側が「学会製ニセ本尊」、左側が、その元となった日寛上人様の御本尊です。今回の本尊偽造にあたって、創価学会が勝手に手を加え改竄した個所を、[A]~[D]に示しました。
ニセ本尊2

ニセ本尊の改ざん箇所の解説

[A]一機一縁の授与書きを抹消

今回、学会が偽造本尊作成のために利用した日寛上人の御本尊は、浄圓寺16代住職・日證師に授与された「一機一縁の御本尊」であり、真正の御本尊には「下野国小薬邑本如山浄圓寺 大行阿闍梨本證坊日證 授与之」という添え書きが入っています。
しかるに学会は、この授与書きを勝手に抹消(これは御本尊の変造です)して、多くの会員に配布したのです。

[B][C][D]筆跡にまで加筆

一機一縁の授与書きを抹消するのみならず、学会は中央首題「経」の字[C]・梵字[B]・大増長天王の「天」の字[D]の筆跡にも手を加え、線を伸ばしたり太くしたりと、恐れ多くも御本尊に好き勝手に筆を加えています。
筆跡が勝手に書き変えられたということは、形式的にも「御形木御本尊」とは呼べません。この時点ですでに、日寛上人の御筆による御本尊ではなく、「どこかの誰かが勝手に変造した本尊」であります。

なお学会では、「学会の本尊と、浄圓寺所蔵の日寛上人書写の御本尊は、明らかに別の御本尊である」などという見苦しい言い逃れもしているようであります。 それならば、学会が今回のニセ本尊を作成する元になった御本尊はどこから持ってきたのか、明確に示して反論すればよいのです。上の画像のとおり、学会製ニセ本尊は、浄圓寺所蔵の日寛上人書写の御本尊を元に偽造されたモノに間違いないではないですか。 それでも違うというなら、自分たちが持っている「本物」と、浄圓寺所蔵の日寛上人書写の御本尊を並べて示すべきです。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です