月別アーカイブ: 2017年3月

【民間防衛】日本を守る沖縄 意見参加対話シンポジウム!

日本文化チャンネル桜!

2017/03/28 に公開

今や「左翼最後の砦」となった沖縄は反日・反米・反基地運動の巷と化し、警察権力もプロ市民の無法を制することが出来ない危険な状況となっている。その背後には、海洋進出を企図する中国共産党の工作も垣間見え、沖縄の不安定化は日本の、そして東アジア全体の安全保障問題としてとらえる必要がある。沖縄2大紙と連携した左派に対抗すべく起ち上がった沖縄県民と連携すべく行われた、『日本を守る沖縄 意見参加対話シンポジウム』の模様をお送りします。

登壇:
 我那覇真子(琉球新報・沖縄タイムスを正す県民・国民の会代表運営委員 / 真実を伝える沖縄県民東京行動の会代表)
 我那覇隆裕(真実を伝える沖縄県民東京行動の会)
 手登根安則(沖縄教育オンブズマン協会会長)
 依田啓示(カナンファーム代表)
 杉田水脈(前衆議院議員)
 武田邦彦(科学者)
 西村幸祐(批評家・ジャーナリスト)

Pocket

テレビが伝えない沖縄の声!

日本文化チャンネル桜!

【沖縄の声】反基地運動の”逮捕者”の1割が外国人?「山シロ博治後援会」に寄附する団体!

2017/03/28 に公開

平成29年3月27日月曜日に放送された『沖縄の声』。毎週月曜日では、キャスターのボギーてどこんが沖縄マスコミが決して報道しない沖縄の”反社会的勢力(沖縄サヨク)”によるヘイワ運動の実態を独自の情報網を元にありのままにお伝えする番組です。

Pocket

森友学園証人喚問の愚!

日本文化チャンネル桜

【Front Japan 桜】森友学園証人喚問の愚 / 我那覇真子・ボギーてどこん・依田啓示~沖縄での反日勢力の横暴を許すな! / 東京五輪「台湾正名」推進協議会設立記念大会 [桜H29/3/27]

気鋭のキャスター陣が、ますます混迷を深める日本の現状や国際情勢を読み解くべく、日本最前線(Front Japan)の気概で、日々のニュースや時事のほか、様々なテーマについて取り上げ、日本が進むべき正道を追求します!

Pocket

北朝鮮の拉致問題について質問しだすとなぜか逃げ出す福島瑞穂!

国会の予算委員会。青山繁晴先生が国会で北朝鮮の拉致問題について質問を始めると、なぜかあわてて逃げ出して、最後まで帰ってこなかった福島瑞穂!

Pocket

テレビが伝えない強盗ロシアとの友好なんか要らない!強盗には制裁を! 街宣in外務省前の現場!

フルバージョン 強盗ロシアとの友好なんか要らない!強盗には制裁を! 街宣in外務省前H29/03/19

ナショナリズムの風を体現せよ!移民(難民)受け入れ絶対反対国民大行進in帝都2017/3/19

マスコミが報道しない移民難民を受け入れに反対するデモのデモ前の様子です。

Pocket

テレビが伝えない自国民を守らない高橋はるみ北海道知事に怒りの道庁前抗議の現場!

平成29年1月30日 自国民を守らない高橋はるみ北海道知事に怒りの道庁前抗議!【桜井誠氏・日本第一党党首参加】

Pocket

テレビが伝えない 集団ストーカー流し街宣!

170225 集団ストーカー流し街宣の会 第37回 埼玉周知活動!(さいたま市・大宮駅~土呂駅・岩槻区他)

170227 集団ストーカー流し街宣の会 第38回 埼玉周知活動!(久喜市~幸手市~杉戸町)

Pocket

テレビが伝えない日本社会の真実をフランス国営テレビさんが伝えてくれています!

フランス国営テレビの「お笑い日本の実態! 」総集編

2009/08/20 にアップロード

日本の現状をわかりやすく説明しています。
すべて真実です。

Pocket

創価学会の謗法思想、ここに極まる! 「創価学会仏」なる邪義妄説を破す

(『慧妙』H28.12.16)

「威音王仏」(いおんのうぶつ)は一仏(いちぶつ)の名にあらず

道理・証文なき自称「仏」は仏法破壊の魔仏(まぶつ)!

戸田発言が出処(でどころ)というが・・・
全ては池田の妄言(もうげん)から出た!

すでに報じられているように、『聖教新聞』(十一月五日付)でとんでもない発表がなされた。
創価学会がまたも会則を変更し、今度は、”創価学会それ自体が仏だ”とする内容を加えた、というのである。
少々長くなるが、同記事を以下に引用する。
<今回の改正では、前文に、世界広宣流布を実現しゆく「仏意仏勅」の正統な教団は創価学会しかないことから、未来の経典に「創価学会仏」と記されるとの第2代会長・戸田城聖先生の御指導を加えた。
「創価学会仏」の意義について、戸田先生は次のようにご指導された。
”大聖人に直結した広宣流布遂行の和合僧団である創価学会は、それ自体、仏そのものであり、未来の経典には『創価学会仏』の名が記されるであろう”
それを踏まえ、第3代会長の池田大作先生は、今夏の全国最高協議会に「御本仏の広大なる慈悲を体し、荒れ狂う娑婆世界で大法を弘通しているのは、学会しかない。
戸田先生が『創価学会仏』と言い切られたゆえんである」とのメッセージを贈り、創価学会それ自体が「仏の存在」であることを示した。
このご指導は、学会という和合僧団の出現の意義、宗教的独自性を明確に宣言したものであり、会として未来にわたって踏まえるべき重要な内容であることから、その趣旨を会則に加えたものである。>
一読してわかるとおり、この「創価学会仏」なる妄説の出処は戸田城聖氏の発言である、とされている。
その戸田氏の発言なるものが何処に残っているか、というと、昭和三十七年十月十八日に行なわれた座談会の席上、池田大作が「戸田会長から聞いた話」として次のように語っている。
<戸田先生がひとことお話しになりました。たとえば、こういう大勢の学会人がいても、将来、将来といっても、これはいつのことになるかわかりませんけれども、経文が、また仏が出て説かれるときには「創価学会仏」という仏の名前で出ると。
威音王仏(いおんのうぶつ)といろいろあるでしょう。
そういう立場で「創価学会仏」という仏になるというそういう意味の、先生のおおせらしいのです。
これは不思議です。__中略__(威音王仏の威音王という名前も、今で考えれば、創価学会というような名前で、当時、あったと考えてよいわけですか、との質問に答えて)そういう代表の仏の人物がいたともいえるし、ひとつは教団があったともいえるのです。>

(巻頭言・講義集 第三巻)これ以外に戸田氏の直接の発言記録が見当たらないところを見ると、どうやらこれも、あの「(宗門への)追撃の手をゆるめるな」発言や、「あとはお前だ。頼むぞ」とのエレベーター相承と同様、池田大作による戸田発言捏造(ねつぞう)の疑いが極めて濃厚である。
ともあれ、「創価学会仏」なるものが、仏法上、全く存在する余地のない妄説であることを、以下に明らかにしていく。

経典(きょうてん)では「威音王仏」は一仏の名
「教団」の意など全くなし!

まず第一に、池田大作が「創価学会仏」の裏付けとして挙げた、威音王仏の事について。
池田は、法華経に説かれる威音王仏を「そういう代表の仏の人物がいたともいえるし、ひとつは教団があったともいえる」として、威音王仏を教団そのものの名前(別してはその代表者の名前)であると述べている。
だが、威音王仏の出典である『法華経不軽品第二十』に説かれるのは、「威音王佛の壽(じゅ)は、四十萬億那由他恒河沙劫(しじゅうせんまんのくなゆたごうがしゃこう)なり。正法世に住せる劫数(こっしゅ)は、一閻浮提(いちえんぶだい)の微塵(みじん)の如く、像法世に住せる劫数は、四天下の微塵の如し。
其の佛(ほとけ)、衆生を饒益(にょうやく)し已(おわ)って、然(しか)して後に滅度したまいき。
正法像法、滅尽(めつじん)の後、此の国土に於(おい)て、復(また)佛出(い)
でたもうこと有りき。亦(また)威音王如来・應供(おうぐ)・正遍知(しょうへんち)・明行足(みょうぎょうそく)・善逝(ぜんぜい)・世間解(せけんげ)・無上士(むじょうじ)・調御丈夫(じょうごじょうぶ)・天人師(てんにんし)・佛世尊(ぶっせそん)と號(なづ)けたてまつる。是(かく)の如く次第して、二万億の佛有(いま)す。皆同じく一號(いちごう)なり」
(法華経四九八頁)
との文で、その意は、「威音王仏の寿命は四十万億那由他恒河沙劫である。
威音王仏の説いた法は、正法時代、像法時代と、永く世に住して衆生を利益する。
そして正法・像法を過ぎて仏法が滅尽すると、その同じ国土にまた仏が出現するが、その仏も威音王仏と号する。こうして二万億の仏が順次に出現したが、皆、同じく威音王仏と号したのである」
というものである。
普通に拝読すればわかるように、威音王仏とは、教団の名前でもなければ、その代表者の名前でもない。
順次に出現した二万億の仏が、皆、威音王仏という名を名乗った(つまり、同一の威音王仏という仏が幾度も世に出現したか、あるいは順次に出現した仏が同じ名を名乗ったか、のいずれか)ということに他ならない。
これを池田は、同じ時空に存在する集団の名前を威音王仏と称したかのごとくスリ替え、「創価学会仏」へと結びつけようとしたわけである。恐れ入った話で、ペテンとは、まさにこういうことをいうのだ。

一仏一国土が仏法の大原則
末法万年に亘(わた)り仏は大聖人御一人のみ

第二に、末法時代に新たな仏が出現する余地があるか、どうか、について。
前の『不軽品』の文を見ると、一人の仏が出世して法を説いた後、正法時代・像法時代を経(へ)て仏法が滅尽すると、また一仏が出世して法を説く、というように、仏は「是の如く次第して」世に出現されるのであり、同一の時空に同時に二仏が出世して法を説くことはありえない(※むろん、ここでいう「仏」とは、法を説く教主としての仏であり、一切衆生に仏性が具〔そな〕わるという意味での、総じての仏を論じているわけではない。
学会では、この両者を故意に混同して述べることで、人々を惑乱〔わくらん〕する手法を使うことがあるので注意)。
それは『涅槃経』にも、「一人出世すれば多人利益す。一国土の中に二の転輪王あり、一世界の中に二仏出世す、といはゞ、是の処(ことわり)有ること無けん」
とあるように、一仏一国土(一仏が教化する時空に二仏・三仏は出世しない)が仏法の大原則だからである。
しかして、今末法の時代はどうか、というと、『報恩抄』に
「日蓮が慈悲曠大(こうだい)ならば南無妙法蓮華経は万年の外(ほか)未来までもながる(流布)べし」
(御書1036頁)
と仰せあるごとく、この地球上の末法時代は万年を超えて未来の果てまで続き(地球の歴史上では、末法の次の時代が到来することはない)その教主・一仏は宗祖日蓮大聖人御一人なのである。
ゆえに、大聖人に続く第二の仏が地球上に出世する余地はないし、もし万一、そのようなことがあるとしたら、大聖人の御金言の中にその予証がなくてはならない(釈尊の法華経の中に、大聖人の御出世が予証されていたように)。
仏法はどこまでも道理・証文に基づく証拠主義であり、その証拠もなく、新たな仏を名乗る者が現われたとしたら、それは仏法を破壊する魔仏といわねばならぬのである。

存在しない前提から導(みちび)かれた結論
この程度の低い詐欺(さぎ)に騙(だま)されるな!

第三に、戸田発言(?)と池田発言の根本的矛盾(むじゅん)について。
そもそも、戸田氏が述べた(?)とされるのは、未来のいつの日にか新たな仏が出世して法を説く時には、その経文の中に(過去の存在として)「創価学会仏」という名が出るだろう、という話だが、池田らが言うのは、この未だ出世してもいない未来の仏の経文を前提に、今の創価学会(あるいは学会の代表的指導者)を仏であると言い切り、宣言する、というものである。
これは、未だ前提が存在してもいないのに、それをゴマカシして結論を導き出してしまう、という、程度の低い詐欺(さぎ)的論法に他ならない。
こんな論理で欺(あざむ)かれてしまうのは、よほどのうっかり者か、盲信者・狂信者の類(たぐい)といわれても仕方あるまい。
以上、述べてきたように、「創価学会仏」なるモノは、経典をねじ曲げ、捏造して造り出された魔仏であり、日蓮大聖人の化導される時代の中に迷い出た物怪(もっけ)であることが明らかである。
これ、我等が「創価がっ怪物」と揶揄(やゆ)する所以(ゆえん)である。
学会員各位には、このような謗法思想の極まった創価学会から一日も早く離れ、堕地獄(だじごく)への道から脱(のが)れるべきである。

Pocket