月別アーカイブ: 2015年2月

創価学会脱会者を支援する会

する会創価学会脱会社を支援

フランス国民議会は、創価学会をカルト教団と認定しています。
外国からも、そんな批判を浴びている創価学会に早く別れを告げましょう!

公明党の創立者であり、創価学会の最高指導者である池田大作氏は、会長就任当時、創価学会は衆議院には出ません。
なぜならば、あくまでも宗教団体ですからと、言っていました。
しかし、昭和39年突如として、衆議院進出に踏み切り、私は最高権力者になると、言い放しました。
要するに権力欲に取り憑かれた男、これが池田大作氏の正体なのです。
こんな男のもとにいるのは、いかにも恥ずかしいと考える創価学会員の方!

創価学会の実態をしらないで入会し、悩んでいる方!

また、ご家族の中や親戚、友人、知人が創価学会に入会してしまい問題を抱えている方、是非お電話ください。

03-3826-5765
090-3621-5738
詳しくは
http://toyoda.tv
youtube動画多数アリ!

「ワン切り」には一切かけ直しません。

いたずら電話は警察へ通報します。

選挙活動は仏道修行ではありませんし功徳もありません。
ましてや、福運などつくはずがないのです。

早く目を覚まして勇気を出して創価学会を脱会しましょう!

宗教法人は公益性を尊重されて税金を免除されています。ところが、宗教法人創価学会は、言論出版妨害事件や盗聴事件を引き起こしています。
また、(2010年5月15日)元山口組系暴力団、後藤組の元組長、後藤忠政氏が、憚りながらと言う本を出版しました。その本の中で、後藤元組長は、暴力団後藤組と、創価学会公明党が、癒着していたと言う事実を告白しています。もし、そんな事実はないと言うのなら、後藤元組長や出版社を訴えれば良いと思いますが、未だに創価学会公明党は訴えを起こしておりません。
選挙活動は、仏道修行ではありません。功徳もありません。福運などもつきません。F取りの功徳とは、いったい、御書のどこに載っているのでしょうか?どこにもありません。
また、毎年暮れ財務と、称して会員から多額なお金集め! 創価学会の資金確保のため、毎年12月に全国の学会員から1口1万円、上限なしで徴収。1回の財務で2000億円にも3000億円にもなると言われています。また、聖教新聞の拡販や財務を多くしても功徳はありません!

憚りながら3

Pocket