テレビが伝えない日本社会の真実

大手マスコミが日本国民の皆さんに伝えない異常な日本。

日本、世界は凶悪組織犯罪カルト集団に汚染中!(日本が危ない)

ウソにウソを重ねた90年

マスコミ業界の闇

国益を守らない政治家はいらない

宗教・戦争 世界支配体制

世界中が民営化されていく
【チャンネル桜】

集団ストーカーは、日本乗っ取り作戦!

日本乗っ取り、企業乗っ取り

【Front Japan 桜】
「貧困化せよ!」と叫ぶ財務省/バイデン政権のインド太平洋外交の始まり/一人でも、SFアクション映画を作れる時代~映画「JUNK HEAD」
【桜R3/3/22】

師岡弁護士は「この国にはヘイトクライム(差別的動機による犯罪)を処罰する法律がない。

ふるさと納税の知られざる闇、得する一部企業、損する住民
「「新」経世済民新聞」

いつやる?どうやる?中国の尖閣・台湾侵略、
「チャンネル 【桜】」

貧困国家日本、チャンネル桜
物も心も貧困国家日本
【桜】R2/3/28】

家族解体はどこから来るのか?
チャンネル【桜】

環境犯罪3:無罪の人を逮捕するダイオキシン!

自民党・公明派、20年目の大失敗!

日本は放置国家で、独立していなかった!

地方自冶体では、治安も悪化中!

Pocket

テレビが伝えない日本社会の真実

大手マスコミが日本国民の皆さんに伝えない異常な日本。

日本、世界は凶悪組織犯罪カルト集団に汚染中!(日本が危ない)

テレビも新聞もコロナに目が向いているその隙に「70歳就業法」をいち早く成立させた。業務委託など!

日本の汚い裏社会の真相を知るためには、医療はもちろん・政治・経済・金融・外交・歴史・科学・テクノロジー・宗教など幅広い知識が必要です。

自民党・公明派、20年目の大失敗!

もういい加減に、公平な国作りを考えないと、この後も、ドンドン自殺者が増えて日本国は滅びる。

日本乗っ取り、完全支配

日本を守っているのは、アメリカ・中国・ロシア!

コロナは、創価学会やその他の邪宗教の大謗法が原因です。

格差社会は、いいものだと言って後ろで笑っているやつはエリート投資家の人達

人の安全より、エリート投資家の人達から預かっているお金の方が大事!

貧困国家日本!

Pocket

日本の各地で毎日、地震!

最近、日本全国の各地で地震が発生しています。

外国でも同じ事が起こっています。

大地震の発生する前兆かもわかりません。

いつ発生してもおかしくない大地震には、くれぐれもご注意ください。

地震情報の他は、日本や海外で、火災も相次いでいます。

火災にも十分にご注意ください。

Pocket

テレビが伝えない日本の危機

大手マスコミが日本国民の皆さんに伝えない異常な日本。

日本、世界は凶悪組織犯罪カルト集団に汚染中!(日本が危ない)

自民党・公明派の20年目の大失敗!

ウソにウソを重ねた90年

世界中が民営化されていく

国益を守らない政治家はいらない

日本は、戦争する国に!

日本国民だけが知らない情報が盛りだくさん。

知らなかったでは、済まされない。

Pocket

仏法は相伝にあらざれば知り難し ー日蓮大聖人以来の血脈への尊崇ー

唯授一人の血脈相承

日蓮大聖人は御入滅(ごにゅうめつ)に先立ち、後継者(こうけいしゃ)として第二祖日興上人お一人を選定(せんてい)し、

本門戒壇の大御本尊をはじめとする仏法の一切を付嘱(ふぞく)されました。これを「唯授一人の血脈相承」

(ゆいじゅいちにんのけちみゃくそうじょう)といいます。以来(いらい)、この相承は、第三祖日目上人、第四世日道上人

へと伝えられ、御歴代(ごれきだい)上人を経(へ)て、現御法主・第六十八世日如上人に受け

継(つ)がれています。

相伝に粗ざれば知り難し

日蓮大聖人は、相伝(そうでん)の大事について、

「此の経は相伝に有らざれば知り難し」(『一代聖教大意』御書92ページ)

と御教示され、この御文について総本山第二十六世日寛上人は、

「宗祖の云わく『此の経は相伝に非ずんば知り難し』等云云。『塔中(たっちゅう)及び蓮・興・目』等云云」

(『撰時抄愚記』文段(もんだん)337ページ)

と述べられています。

つまり、日蓮大聖人の仏法の深意は、第二祖日興上人、第三祖日目上人以来の

相伝によってのみ知ることができ、ここに仏法の功徳が流れることを教えられて

いるのです。

血脈を所持される御法主上人への信順

かつて、池田大作(創価学会名誉会長)は、次のように指導していました。

日蓮宗身延派にあっても、南無妙法蓮華経の題目を唱えている。御書も

ある(中略)外見(がいけん)から見ればわれわれと同じようにみえるが、それらには唯授

一人・法水写瓶(ほっすいしゃびょう)の血脈がない。法水写瓶の

血脈相承にのっとった信心でなければ、いかなる御本尊を持(たも)つも無益(むやく)

であり、功徳はないのである(『広布と人生を語る』8-228ページ)

このように、いくら御書があり、題目を唱えても、唯授一人の血脈を所持(しょじ)される

御法主上人への信順(しんじゅん)がなければ、その功徳は流れ通(かよ)わないのです。

創価学会の誤り

現在、創価学会では、さかんに「大聖人直結」「御書根本」を主張していますが、これらは

唯授一人の血脈を否定するための、まやかしの理屈にすぎません。それはまた、

池田大作の自語相違(じごそうい)でもあります。

さらに、血脈付法の御法主上人に対し、誹謗中傷を繰り返す創価学会の行為は、

三宝破壊の大罪となり、その罪は計り知れません。

このような創価学会籍(せき)を置く限り、「謗法与同罪」といって、大謗法の罪の

報(むく)いを必ず受けてしまうのです。

誰もが自身や家族の幸せを願っているはずです。

どうか一日も早く創価学会を脱会し、日蓮大聖人以来の正しい血脈法水の流れる

日蓮正宗に帰依(きえ)し、成仏の直道(じきどう)を共に歩んでいきましょう!

大日蓮出版

Pocket

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

2021年 (令和3年)1月1日

本年も、宜しくお願い致します。

Pocket

テレビが伝えない日本の危機!

大手マスコミが日本国民の皆さんに伝えない異常な日本。

日本は心無い凶悪組織犯罪カルト集団に汚染中!(日本が危ない)

2021年は、第2次世界大恐慌と日本の危機!

(日本国民がターゲット)に!

自民党・公明派の20年目の大失敗!

LGBT条例

真相に迫るためには、医療はもちろん、政治・経済・金融・外交・歴史・化学・テクノロジー・宗教など幅広い知識が必要となります。

Pocket

テレビが伝えない・ブラック企業

大手マスコミが日本国民の皆さんに伝えない異常な日本。

日本は心無い凶悪組織犯罪カルト集団に汚染中!(日本が危ない)

創価学会の日本乗っ取り!

八百長!

政治ビジネス!

国民が知らない反日の実態!

戦争!

世界統一政府

エリート投資家ビジネス!

企業乗っ取り

ブラック企業

自民党・公明派、20年目の大失敗!

(研究のための引用)

「引用開始」

働くってなに?

ブラック企業

悪質な企業が増えているのか?それとも労働者のワガママなのか?

「本人の受け止め方次第でどこもブラック企業になり得る」

「年収1000万円超か
年収300万円か。
年収は二択の時代に入る」

「20代はとにかくなんでもやる。
道は自然と見えてくる」

全国に潜むブラックな職場の数々

月200時間以上の残業は普通。

メンタル疾患で出社できないメンバーが続出。

出産休暇を申し出たら「なんで辞めないの?」

教授の人間性で大学の研究室はどこまでもブラックになる。

始発で帰り、定時に出社。

試用期間の月収が5日勤務で8万5000円。

厚生年金が未納だった。時効だった。

サービス残業が奨励されている。

見積もりで1人月30万円。エンジニアの取り分は月10万円。

「デスクワークは業務時間外にやれ」と外回りの営業に指示する上司。

なぜ日本の会社はここまでブラックなのか!

渡る世間はブラックばかり!?

労使問題ニュースHeadline 2012年から2013年の報道より

長時間労働、安い給料、休日出勤、パワハラ、モラハラ・・・・・・
ブラック企業は、なにが”ブラック”なのか?

「あの会社はブラック企業だ!」。世の中の企業(あるいは自分の職場)をなんとなくそう呼んで、悪いイメージを抱いていないだろうか。だが、そもそも「ブラック企業」とは、一体どんな企業のことを指すのか。この先、問題を考えていく前提として、ここではまず、ブラック企業と呼ばれる会社の特徴を整理していこう。

東京霞ヶ関

大量雇用 不当解雇 パワハラ研修 36協定 非正規社員

法令違反を強要したり、人を使い捨てにするような働き方をさせる企業全般を「ブラック企業」と呼んでいるが、明確な定義はない。

企業と創業員は人情で結ばれているわけではないが、創業員が人間らしく生活する権利すら奪ってしまう企業はある。ブラック企業という存在について、まずは知識を蓄えていこう。

法を守らないだけがブラックではない

企業を「ブラック」と批判する風潮はネット上で生まれたもので、どういう会社をブラック企業と呼ぶのか、という定義は定かではない。
しかし、法に基づいた雇用を行わない企業や、使えない人材を切り捨て前提で採用し、従事させる企業、言うことを聞かない従業員に圧力をかけて解雇するような企業の総称が、ブラック企業とされている。
ブラックという語感の強さから、どれくらい従業員を虐げているのかのみに焦点を当てて話題にするマスコミは多いが、大企業であっても多かれ少なかれ”ブラック”な部分はあるものだ。
法外な残業時間を社員に課す企業は、決して珍しくない。それでもかっての正社員には、会社に守られている安心感があった。ストレスはあっても、仕事ができるようになっていったし、昇給もあった。
生活を脅かされるほどひどいことがなければ、会社に所属しているほうがメリットが大きかったからだ。

解雇が前提となる大量採用

ところが、ブラックと呼ばれる企業は、この生活を脅かすほどに従業員を搾取する。
採用試験で必要な人材を選別して育てるのでなく、とりあえず大量採用して、不要な人材は捨てていくという考え方のようなのだ。
時間もお金も取れるだけ取って使い倒すため、従業員は身も心もボロボロ。
人間らしい生活が送れなくなって退職せざるをえなくなる。
”ブラック企業”では、どんどん人が辞めていってしまう。だから彼らは大量採用する。
この就職難の時代、やっと内定が出たと思ったら、朝から晩まで働かされて、給料はほんの少し。使い切った人材は、自己都合での退職を迫られる。
そんな会社だと知っていれば、最初から入らなかったのにと肩を落とした人も少なくない。

法的なルールをかいくぐる方法はいくらでもある

ブラック企業の主な特徴

雇用者の酷使
長時間労働や過剰なノルマを課し、体調を崩したり、精神失調になるまで働かせる。

雇用者の選別
大量採用を行ったうえで、「使える人材」だけを残して強制的に解雇する。

雇用者の洗脳
異常な職場環境になれさせるための研修や、法外な職場ルールを常態化する。

雇用者の搾取
長時間働かせても法的に定められた賃金を支払わなかったり、理不尽な給料天引きを行う。

職場の統治不全
パワハラやセクハラを行うなど、職場で圧力をかける上司を会社が放置する。

夜10時までのサービス残業は当たり前?

役職によって異なるが、法律では就業時間の限度が決まっていて、それ以上は残業代を支払う義務が企業にある。

残業代を払いたくないがために、裏工作をする企業も少なくない。悪質な場合、自分の就業時間を自分で改ざんさせられたという事例もあるほどだ。

残業代なしは本来違法。記録の改ざんは犯罪行為

自分の会社がブラックであるかどうか気づかない理由のひとつは、世間的にサービス残業が定着してしまっているから。トラブルで勤務時間が伸びることはあるし、その残業すべてに正しく対応する企業は少ない。しかし誰がやっても想定時間内には終わらない仕事量を日常的に与え、法で定められた就業時間を超えると「記録が残らないように」操作する企業がある。「会社の業績が悪いから」「(定額の)職務手当が残業代に当たるから」といった理由で残業代を払わないのは、本来違法なのだ。
労働基準法で定められている労働
時間は、1日8時間、週40時間。それ以
上は原則残業代が必要になる。また、
残業が一定時間を超えると労災の対象となることも。ブラック企業は、超過勤務と知りながら、タイムカードを改ざんしたり、架空の休憩や出張をでっち上げ、労働基準監督署の調査が入ったときの策を講じている。

疑問を持つ暇がないほどに忙しいスパルタ研修

企業のほうでも、「これほどの長時間労働は違法ではないか」などという、理性的な分析を行う社員がいると困る。上司の命令は絶対であり、自分の健康に疑問を感じながらも、じっくり考える余裕がないほどに忙しいのが理想。そのために入社と同時にスパルタ研修が行われる。
ある会社の新入研修では、登山などで体力的なプレッシャーを与えた後、長時間の電話対応練習や徹夜での上層部との宴会などで、精神的におかしくなるまで新人を追い込むという。
それは宗教に似ている。肉体労働は「今後の就業に必要なスタミナがあるか」を判断するのにも有効らしい。夢を語る社長への敬愛を強要する「研修」という名の刷り込みは、人を忠実な会社人間へと変化させる。社会人経験がないほど「そういうものか」と染まってしまうのだ。

知らないうちに企業の”色”に染められる?

ブラック企業の入社から退職まで

1.大量雇用で採用される 企業は、未経験、能力不足でも頭数だけで採用してしまう。
採用 この不況時に助かった!

2.研修で洗脳を受ける 社員は、会社や上司に服従する環境が用意され、社風に慣らされる。
死ぬまで働き続けます!私は会社を愛するロボットです・・・
会社ってこういうものなんだ

3.酷使されたうえ、賃金不払い
大量の時間外労働のうえ、契約よりも給料は減額、社会保険もなし。
せっかく入った会社だし、辞めたくないけど・・・
体がボロボロ・・・

4.自主退職・不当解雇を強要される 会社都合で退職勧奨をされ、退職金も、次の仕事の当てもなく辞めさせられる。
解雇 これじゃ生活していけない・・・

仕事の過失で減給されることもある?

減給はあり得るが、企業側も責任があり、従業員が生活できなくなるほどの賠償請求は通常できないことになっている。

ブラック企業の非情ぶりがエスカレートすると、時間拘束だけでなく、お金まで搾取されてしまう。生活費を得るために働いているのに、これでは本末転倒だ。

会社生活に染まると洗脳が抜けなくなる

前節示した、限界を超える就業時間やスパルタ研修の怖いところは、社外の人間との交流が少なくなるという点だ。居場所が会社にしかなくなり、生活が会社一色に染まるほど、酷使が気にならなくなる。勤務時間に比べて支払いが少なくても、法的な対応など頭にも浮かばない。
時間の拘束もつらいが、資金の未払いはシビアな問題だ。残業代を浮かせるために、名ばかりの管理職へ昇格させるのはよく聞く手口。労働基準法では、「監督もしくは管理の地位にある者」に対して、労働時間や休日に関する規定が適用されない。
本来、部長クラスの管理職は裁量で動くために、会社は残業代を払う義務がないことを指すのだが、これを意義的に、店長やマネジャーといった単なるリーダーにまで勝手に拡大、適用して、残業代なしで遅くまで働かせる。
実際の裁判となれば違法性が認められるだろうが、ブラック企業は、こういった社内独自の基準を作って、支払い金額をごまかす。

業務上の損失金も逆に社員が負担する例も

特に困るのが毎月の給料の未払い。支払いの先延ばし連絡がきたら、経営が相当まずいことになっている証拠。請求しても、ない袖は振れぬと開き直ったり、倒産して未払いのまま社長が音信不通になるケースもある。さらには、業務上のトラブルで発生した損失を「おまえのミスだ!」
と給料天引にされる事例も。労働基準法91条では、1回の減給額が1日分の半額を超えないこと、かつ総額がその期の賃金総額の10%を超えてはならないという制限がある。つまり、普段と同様の仕事をしている限り、破格の賠償金を個人が負担するということはほぼない。
だが実際の現場では、ミスの発覚を隠すために、責任のなすりつけあいが横行しており、弱者が追い込まれている。

”自分のミス”は本来”会社のミス”なのに・・・

契約と違うよー

すみませ~ん・・・コイツに倍償させますんで・・・

払うよなっ えっ

遅刻したら罰金、これって許されるの?

遅刻した分だけ支払われないのは合法。しかし1分でも遅刻したら半休扱い、といった罰則は、あらかじめ就業規則での合意が必要。

基本給から差し引くことを前提にした給与設定をする企業は、求人票だけで判断ができない。
後出しの契約は、ついサインをしてしまいがちだが、後で自分の首を絞めることになる。

募集時だけ高い月収で夢を見させる

どの企業も同様に、会社に入るお金は大きく、出るお金は小さくしたい。どの経費を削ろうか、と考えたとき、全体的な効果を出しやすいのが人件費だ。どの企業もボーナスカットや昇給ナシなどの厳しい状況にあるが、違法ギリギリのライン、もしくはそれを超えてまで人件費を削減することで、ブラック企業が誕生する。
たとえば、採用段階から月収を誇張して募集をかける企業が案外多い。金額は提示してあっても、それは残業80時間の場合で、それに到達しないと減給されたり、営業ノルマを達成できないと罰金が発生したり、などの例がある。つまり、採用時に提示された月給を受け取るには、法外に働かなければならない、と後日知るケースだ。基本給や正確な手当、条件を提示すれば、能力のある人間が応募してこなくなるからで、なかなか狡猾なやり方だ。

契約時に就業形態を確認する必要あり

また、就業形態によって法の規制が異なることを逆手に取って搾取する偽装が近年増えている。
特に顕著なのが、フリーランスの請負や外部業者の業務委託での被害。
この仕事は、社会保険などがない代わりに、労働時間や労働場所について拘束もされない。ところが、決まった時間に出社して指示を受けているのに、報酬だけは売上に応じて支払う契約を結ばせる企業がある。
形式的には請負契約だが、実態としては他の従業員と同じ。就業形式が社員と変わらないのに、契約だけ不利な金額を押しつけられている。
保険がない分、企業側が得をするわけだ。このような雇用形態は「偽装請負」と呼ばれ、会社の指示で拘束されていることがわかる資料を労働基準監督署に持参すれば、相談に乗ってもらえる。

請負労働者が不当な扱いを受けることも

会社 3ヵ月はウチに出勤して作業してくれる? フリーランス労働者

・会社や事務所、店舗に出勤している。
・どのくらい働くか、労働時間を契約している。
・遅刻すると叱られたり給料減額になる。
・業務の細かい方法や分量について、会社から指示を受けている。
・正社員と同じラインやチームで働いている。

形式上は・・・業務委託
実情は・・・普通の従業員の扱いをする企業も!

「偽装請負」のありがちなパターン

納品後の売上によって報酬も激減する。 完全歩合制は禁止されており、時給等によって一定額の賃金保障の義務がある。

時給に換算すると500円にしかならない。 最低賃金よりも報酬が低いのは違法。

仕事中に事故にあったが通院費は自腹。 安全衛生に関しては派遣元の労災が適用される。

自分から辞めたほうがラクになる?

後腐れなく気分はスッキリするが、退職金はなく、しばらく失業保険はもらえずで、生活費に苦しむことになる。

リストラや解雇というのは、生活の大きな打撃。しかし仕事でミスしたわけでもないのに、辞めてほしいと暗に強要されるのはなぜか? これには企業側の理屈が強く絡んできている。

人を解雇するときも誠意を見せるのが優良企業

従業員の使い捨て思考が強くなると、従業員を辞めさせるタイミングも考えるようになる。”ブラック企業”は、効率が悪かったり、反発心が強かったり、精神的・体力的に限界になったり、精神的・体力的に限界になった人をすぐ辞めさせてしまう。もともと社員を育てる気がないから、人が入れ替わっても平気なのだ。
普通、経営難でリストラをする場合、まずは希望退職者を募る。退職金の上積みや再就職先の斡旋(あっせん)などの特典をつけた形で、従業員に自発的な退職を促す。これは優秀な人材から流出していってしまうリスクも含んでおり、企業側の精一杯の”誠意”となる。逆に、こうした誠意ある対応とは無縁なのがブラック企業のブラックたるゆえん。自社に都合の悪い人間だけを辞めさせようとする。
とはいえ、会社が解雇を行うのは簡単ではない。労働基準法第20条では、会社が解雇をする場合、30日前までに知らせなければいけないとされている。特別な理由でもない限り、会社は解雇通告から30日分の給料を支払う義務があるのだ。解雇にはもちろん合理的な理由が必要となり、被雇用者が拒否した場合は解雇自体が成り立たない。それに会社が雇用関係の助成金を受けている場合、解雇することで打ち切られる可能性がある。

企業に有利な自主退職強硬手段には理由がある

そこでブラック企業は、解雇でなく自主退職に追い込もうとする。その方法はさまざまで、会社側は「お互いのため」と論すこともあれば、毎日罵倒(ばとう)し続けたり、研修の名目で必要ない作業を個室で延々とやらせたりといったパワハラを行うこともある。退職届けを出して自主退職すれば気分はスッキリするだろうが、自己都合退職者は、失業給付金をもらうまでに1週間の待期期間+給付制限3ヵ月の期間が発生する。再就職目処がなければ、生活もままならない。

解雇するには合理的な理由と手続きが必要

正当と認められる解雇理由

普通解雇

労働契約の継続が困難で、やむを得ず行う解雇
必要な教育を十分行っても、仕事をするうえでの能力に問題がある。
病気などで長期入院が必要となり職場復帰の見込みがない。
著しく協調性に欠け、業務に支障が出ている。など

懲戒解雇

就業規則の違反、就業中の違法行為や重大な過失による解雇
遅刻や無断欠勤を繰り返し、度重なる注意にも応じない。
経歴を詐称して採用された。
会社内での横領や窃盗などで損害を与えた。など

整理解雇

業績悪化などで必要な人員整理。
会社側は、次の4点をすべて満たすことが必要となる

①整理解雇することに客観的な必要理由があること。
②解雇を回避するために最大限の努力を行ったこと。
③解雇の対象となる人選の基準、運用が合理的に行われていること。
④労使間で十分に協議を行ったこと。

解雇予告が不要な場合

従業員の重大な過失による解雇の場合。
天災などにより事業の継続が不可能となった場合。
※上記2つは、解雇を行う前に労働基準監督署長の認定が必要
下記の働き方をしている人は、決められた期間内では解雇予告が適用されない。

試用期間中 14日間
4ヵ月以内の季節労働 その契約期間
契約期間が2ヵ月以内 その契約期間
日雇い労働 1ヵ月

経営理念の丸暗記必須。これも社風か?

特に違法というわけではないが、会社に身を捧げる人格を作るための手法のひとつ。決して”どこでもやっている”ことではない。

多大な権限が集まる経営者を崇拝させるような企業は、まるで宗教じみた独特の社風となる。上に立つ者が正義というシステムは、業務以外の部分にまで支配が広がりやすいので注意しよう。

カルト的社風で愛社精神を作り上げる

会社には、それぞれの社風や就業規定があるが、行きすぎた社内ルールは、多大なストレスの原因だ。昔は「体育会系」と呼ばれて、目上の者の命令は多少理不尽でも聞くという風潮があったものの、今の若者には響かないことが多い。
ところが、カリスマ的経営者の崇拝が社内ルールとなっている有名企業は結構多い。
経営信条を丸暗記させたり、経営者の写真に挨拶させたり、その著書は購入が義務づけられていたりと、業務とは別のところで会社の支配を及ぼす。
そして従業員は経営者の思想にだんだんと染まっていく。これ自体は違法というわけではないが、これはカルト宗教に”ハマる”パターンにもよく似ている。経営者の言葉が「本当に仕事に打ち込んでいるなら、昼食に30分もかからないはずだ」などと違法性を帯びてきても、ハマってしまった従業員は、さすが、なるほど、と感心してしまうのだ。

エスカレートすると自分の生活まで侵されていく

これに付随して、社会貢献としてボランティア活動を従業員に強要する会社もある。経営者の理念は素晴らしいかもしれないが、忙しい業務の中、「社長命令だから、日曜は代表でボランティアしてきて」と言われても迷惑なだけだ。だが、上司の命令が業務以外のものでも、職場環境を考えると拒否しにくい。
これが行きすぎれば、セクハラやパワハラに発展する。上司や経営者の力が強すぎると、部下は何も言えなくなってしまうのだ。たとえ、上司がいつも同じ同僚ばかりに理不尽に当たっているとわかっていても、周りは助けてあげることができなくなる。被害を受けている本人も、自分が悪いという感情が膨らみ、果てには心を病んでしまうというケースも少なくない。

任意のはずのボランティアが半強制

我が社は植樹で社会貢献に力を入れています by社長

昨日、残業で徹夜なのに・・・

休日ボランティア出勤なんて・・・

就業規則は必ず守らなければいけない?

雇用契約を結ぶことで就業規則に同意したことになるので守るべき。ただし、就業規則自体が法令違反の場合は無効になる。

従業員に「明るさや元気さ」を求めたり、「出産=退職」が恒例となっているなど、企業には独特のルールがある。就業規則でも守りがたい内容なら、第三者の意見を仰ぐほうがいい。

就業規則からして法令違反のこともある

企業では、「前例、慣行」として引き継がれる暗黙の社内ルールが多い。
だからこそ労働基準法によって、企業の就業規則は明文化しなければならないとされている。だが、この就業規則が都合よくできていたりする。「遅刻したら罰金」といったものから、「妊娠する際は上司の許可を得ること」「一般社員は就業規則を閲覧してはいけない」などの驚くべき規則がさまざまな会社に実在する。経営のためとはいえ、いかに法令を守らない経営者が多いかをうかがわせる。
特に気をつけたいのが、企業ぐるみの犯罪を手伝わされているうちに、自身も犯罪者にされてしまうこと。
裏帳簿の作成や海外赴任先での不法就労、顧客への違法販売という、反社会的行為の強要が行われたケースも少なくない。いくら強要されて行ったとはいえ罰金や逮捕、裁判次第では実刑判決を受けるなどの可能性もある。危ないと思ったら、すみやかに手を引いたほうが賢明だ。

業務の監督も行きすぎるとストーカーに

また、「会社では業務以外のことは一切禁止」という、一見当たり前と思える社風にも問題がある。というのも職場内に監視カメラや盗聴器を仕掛けて始終監視するという企業があるからだ。サボる従業員を管理したいという経営サイドの気持ちはわからなくはないが、これでは労使問の信頼関係はがた落ちだ。
集中力には限界がある。考えをまとめるためにタバコを一服する人もいれば、顧客と雑談をする人もいるだろう。それをいちいち「何をしていたんだ」と問いただされては、かえって仕事に支障をきたす。常識的に思われる社風や規則も管理手法や手段によっては非常識であることも多い。社内にいると慣れてしまうものだが、一般社会と照らし合わせて慣行を疑うことも必要だ。

周囲に相談できる人がいないと孤立する

この業界では当たり前 一人が正当性を主張したら他の社員に迷惑がかかる 慣行として皆がやっている社内ルールだ バレなければ問題ない 会社での居場所がなくなるのは嫌 バレたら自分もヤバイ 会社を辞めたくない

全国の労働局に寄せられた職場のいじめや嫌がらせに関する相談件数
(民事上の個別労働紛争に係る相談件数)

いじめ・嫌がらせに関する相談は2012年度の「民事上の個別労働紛争相談」の中で、昨年最多だった解雇を抜いて、一番多くなった。前年と比べてみても、職場環境が着々と悪化していることが見てとれる。

1,000 2,000 3,000 4,000 5,000 6,000

2010 39,405件 (前年比+10,2%) 2011 45,939件 (前年比+16,6%) 2012(年度) 51,670件 (前年比+12,5%) 厚生労働省「平成24年度個別労働紛争解決制度施行状況」

なぜブラック企業が生まれたのか?

社会状況が変わり、企業で仕事をする対価であったお金や生活基盤が揺らいでしまったのが一因。

ブラック企業が増えた経緯を考えると、一概に企業ばかりを責めても始まらないことがわかる。
社会の根本が変化している今、昔の考え方のまま仕事を進めることに無理があるのだ。

終身雇用と年功序列がなくなった現代

「ブラック企業」の話題が出るようになったのは、ここ最近のこと。企業のトップから「違法行為も多少は仕方ない」「24時間働くべきだ」といった発言も飛び出す時代になった。
昔の日本の会社員は働いてばかりだった。上司が職場で檄(げき)を飛ばし、能力に見合わなければ左遷もあった。高齢の者が、「若者は忍耐力がない。すぐに逃げ出し、鬱(うつ)だと訴える」と嘆くのも、かつての自身の経験が頭にあるからではないだろうか。
企業のトップが労働法について語るとき、よく引き合いに出されるのが海外の状況。国際基準では、能力主義で転職は当然、だから日本人も結果を出せばいいといった話だ。しかし日本の企業は昔から、「終身雇用」と「年功賃金」を前提とした企業システムを築き上げてきた。真面目にやっていれば給料は年々上がり、定年になったら年金暮らしという保証があった。将来に希望があったからこそ、辛抱できたといえる。しかし今はそれを逆手に取り、長時間労働と命令で縛りつけながら、将来の保障もしないという企業が増えた。
今は優良な企業でも、経営が傾けば社員への風当たりは強くなる。残業や休日出勤が増え、社会保障を削られ、より”ブラック”な傾向を強めていく可能性は否めない。

36協定によって残業は合法化された?

労働基準法第32条では、勤務時間は原則、1日8時間、週40時間までと定められている。
ところが第36条に例外が記されており、時間外の割増賃金を払えば、法定労働時間を超えて働かせていいことになっている。いわゆる「36(サブロク)協定」だ。「特別の事情」があればさらに上限を延長できる特別条項もある。企業に都合よく、残業は合法化されているも同然といえるのである。

労働者にとって過酷な36(サブロク)協定

労働時間の原則

1日8時間、週40時間(労基法第32条)
週1回の休日(第35条)

36協定を結ぶと・・・

労使協定(労組や代表者との取り決め)を結び、行政官庁に届け出た場合、労働時間の延長/休日労働が認められる(第36条)

残業時間の限度
1ヵ月45時間、1年間360時間(休日労働の時間数は含まず)ただし、特別条項付き36協定があり、「特別の事情」(繁忙期など)が生じたときはさらに延長が可能。条件はあるが、労基署への届出は必要なし。 この「特別の事情」が常態化

特別の事情が長期に及ぶと・・・
・月80時間の時間外労働となる過労死ラインに。

どうして非正規雇用の雇用率が増えているの?

賃金が安く、状況に応じて雇用数を調整できるから。繁忙期のみ契約し、企業が人件費を削減できるメリットがある。

正規雇用も非正規雇用も、それぞれにメリットとデメリットがある。現在の状況だけを見て、雇用に飛びつくのではなく、長期的視点で考えることが、政策にも求められている。

時代に合わせて模索されてきた採用形式

長い不況の間に正社員でも派遣社員でもアルバイトでも、企業に使い捨てられるような雇用は、大きな労働問題になっている。
大企業であっても、事業が苦しくなったときに、なんとか法をかいくぐったり、もしくは罰則が軽い違法な雇用方法で人件費を削減しようとする動きが見られる。少しでも優秀な人材を安く、必要なときだけ確保するために、雇用が調整しやすい派遣社員や業務委託の採用も増えた。

小泉改革によって雇用は流動的になった

2004年の小泉内閣の政策で派遣法改正が行われたとき、正社員主体の労働政策に転換期が訪れた。雇用調整がしやすい派遣社員の規制緩和が行われたのだ。
これは、経営者にとってはありがたい改革だった。派遣社員なら必要なときだけ人員を増やせる。
そして今まで職がなかった人も、就職の機会が増えるというシステムのはずだった。しかし問題は、その後。リーマンショックが起こったことにより、企業が大量の派遣切りを行ったのだ。
雇用機会を増やすための施策だったが、最終的には派遣社員が使い捨てられただけという印象を持った人も多かっただろう。民主党政権に代わっても、結局雇用問題は解決せず、経営者はさらに雇用責任が軽くなるフリーランスを囲い込む手法を使う。そして、実態は社員同様の仕事をしているのに、仕事をした分しか報酬を払わない「偽装請負」問題が浮上してきた。
企業のブラック化は個別の問題でなく、景気や雇用の社会問題と密接に関わっている。
経営側からしてみれば、会社を維持するための打開策を模索してきただけなのだが、雇われる側からしてみると、雇用の不安定によって、生活が脅かされるようになったのが現状だ。

政策が人件費削減に拍車をかけている

正社員を雇用していた時代

・長期採用を見込んで、人材育成が必要。能力のない社員がいても、辞めさせられない。

派遣労働者の規制緩和

非正規社員を増やす

・短期契約で人員の入れ替えがしやすい。 これは効率的だ!
・繁忙期だけ単純作業を担う人を採用できる。

一部の仕事は、外部に委託するようになる

・社会保険や残業代を支払わなくてもいい。
・成果物は同じでも、できた分の報酬だけ支払えばOK。 このまま、ずっとうちだけの仕事をしてくれたらおトク!

ブラック化 時間や場所の拘束がきつくなり、偽装請負などの問題が生じる。

日本では正社員が守られすぎ!?

国際労働機関(ILO)によれば、日本の正社員は解雇されなさすぎる。それが「ブラックな待遇」をもたらしている一面もある。

終身雇用の考えがいまだ残る日本。だが、解雇がないということは、若者へのシワ寄せを増やし、ブラック企業を増長させる要因ともなり得る。その点を認識し、解雇の緩和も考えるべき。

既得権益者が得をする解雇の規制

「明日から会社に来なくていい」なんて解雇されたら誰でもつらい。だが本当につらいのは解雇がないことではないだろうか。
実は解雇が難しいことで一番恩恵を受けるのは高い給料で働く中高年。長く勤続した功績は認めるべきだが、必要以上に高い給料で会社に残っては困る。会社が使える人件費は青天井ではない。ましてや不景気で業績が悪ければさらに節約が必要だ。そのシワ寄せは若者に来る。新規採用数の削減や、採用されても若者の配分は少ない。給料だけでなく、残業代や賞与にも影響する。特に若い人たちにとって、解雇が増えることはチャンスを生む面もあるのだ。

「正社員は守られすぎ」と国際機関からも指摘あり

この意見は決して少数意見ではない。世界の経済政策を調整する国際機関、経済協力開発機構(OECD)の意見書では、「正規雇用の解雇規制の緩和など正規・非正規の賃金格差是正」を明確に提言している。
また労働問題を扱う国連の専門機関である国際労働機関(ILO)も「就業形態に中立な制度」への移行を勧告している。正規と非正規の格差を是正すべきという趣旨だ。
日本政府の国家戦略会議フロンティア分科会でも「40歳定年制」が登場。これは40歳で全員が定年退職するという意味ではない。若いうちに頑張った年功に対するご褒美として生産性以上の賃金を定年まで保証するシステムを止めよう、ということだ。以上のように労働市場の流動化が日本再生に不可欠だという意見が学識者の間では正論とされている。
確かに解雇が自由となれば、解雇を恐れる人もいる。だが現状はブラック企業が解雇をチラつかせて無理な要求をしている。解雇を当たり前にすることは、ブラック企業への対応策として有効だという意見もある。

安全な”オリ”の中で愚痴ばかり・・・・・・?

エサが少ないよ もっと休みくれ~ エサがまずい セッセ エサだよー

解雇の緩和は若者にチャンス。労働市場の流動化が若者を救うと覚えておこう。

「引用終わり」

利益を出さなければ株式会社は成り立たない

利益をなくして安全なし。

日本航空(JAL)のI氏の言葉。安全より利益を重視する反社会的な言葉と批判する人もいる、だが、株式会社は投資家からお金を預かり利益を還元する仕組み。

これは企業だけを批判するのではなく、大手マスコミの報道のやり方にも問題がある。

ITエンジニアは、いわゆる「3K」(きつい、汚い、危険)にたとえて、「新3K」(きつい、厳しい、帰れない。

これからは、大企業は残り、中小企業がドンドン潰れていく時代です。

国内市場が縮小すれば、売上減を避けたい企業は海外を目指す。経済力の低下で、賃金がさらに低下して、
パパだけで家計は支えられない。
ママやおじいちゃん、おばあちゃんも働く必要がある。

これは、ヨーロッパ、カルト式の働き方です。

すべてカルト創価の陰謀!

日本の汚い裏社会の真相を知るためには、医療はもちろん・政治・経済・金融・外交・歴史・科学・テクノロジー・宗教など幅広い知識が必要です。

「ブラック企業」
https://www.kaonavi.jp/dictionary/black-companies

「ホワイト企業」
https://shem.or.jp/top100?gclid=Cj0KCQjw4f35BRDBARIsAPePBHxDFn2yUs9c2eh7jEMxoHoqhmfgiBlwAkTIjcbKAUVNMTIBsjllu3waAj4KEALw_wcB

「ホワイト企業の特徴」
https://hrnote.jp/contents/white-20200525/

あとは、自分で調べてください。

Pocket

テレビが伝えない日本の危機!

大手マスコミが日本国民の皆さんに伝えない異常な日本。

日本は心無い凶悪組織犯罪カルト集団に汚染中!(日本が危ない)

日本の真相を知るためには、医療はもちろん・政治・経済・金融・外交・歴史
テクノロジー・宗教など幅広い知識が必要となります。

日本第一党は、日本第一主義「ジャパンファースト」を掲げる唯一の政党です。 日本の国益を守り、日本人に寄り添った政策を実行します。

「日本第一党 桜井誠党首」

Pocket

 高槻市宮田町親和自治会の回覧板の情報より、ゴミの分別・出し方について!

2020年10月8日(木)宮田町親和自冶会の回覧板が回ってきました。

回覧板の情報によりますと、2020年10月5日、宮田町親和自治会

ゴミの分別・出し方について

平素より、自冶会活動にご理解ご協力いただきまして誠にありがとうございます。今だ、守れないゴミの不法投棄が今回で今年になり10回以上発生しています。
一部の人が守れないのか、守らないのか、わからないのか?
不法投棄を見たら、お互い注意し合ってください。自冶会では、6月に高槻市より配布の家庭ごみの分け方・出し方を各家庭に配布していますので、各家庭で再度確認してください。

今回の不法投棄

① 飲む前に割った魔王の瓶・・紙袋に入れた投棄・・触ってケガをする危険
② 割れた蛍光灯・・水銀(亜鉛水銀)の飛散と触ってケガをする危険
③ 木材(椅子かテーブルの一部)

201008_1806

ゴミはルールを守って出しましょう。

他、自冶会の消火器とかを捨てるのもルール違反となります。

不法投棄は、やめましょう。

各自治会には、監視カメラが設置されています。

不法投棄をされてもすぐに警察や役所に通報すると犯人は、すぐにつかまります。

不法投棄をした場合 まず、通常の不法投棄をした場合、この場合「廃棄物の処理及び清掃に関する法律第25条第1項第14号」に違反することになり【5年以下の懲役/1千万円以下の罰金または併科】が設けられています。 これ個人が廃棄物処分場として決められていない場所に廃棄物を捨てる場合です。

https://keiji-pro.com/osaka/

Pocket